フェーズメーションの製品情報

レコードに刻まれた 音楽の実在感 アーティストの情念をも引き出すフェーズメーション フラッグシップ MC カートリッジ

フェーズメーションではブランド原点のカートリッジ研究を継続して行っております。日々の研究の中で、究
極とも言える音像定位、空間再現力、鮮度の高い中高音と豊かな低音を紡ぎ出す事に成功しました。
このカートリッジをPP-2000 と銘打ち、新商品として発売いたします。

受賞歴

Stereo Sound社
ステレオサウンドNo.197
Grand Prix 2015
Stereo Sound社
ステレオサウンドNo.197
BEST BUY COMPONENTS 2015-2016
フォノカートリッジ部門 1位
音元出版社
オーディオアクセサリーNo.159
オーディオ銘機賞 2016 銅賞
音元出版社
analog vol.50
Grand Prix 2016 フォノカートリッジ部門 金賞
誠文堂新光社
MJ無線と実験 2016年1月号
MJ テクノロジー・オブ・ザ・イヤー2015 
アナログ機器部門 優秀賞
音楽の友社
ステレオ 2015年12月号
年間最優秀コンポ2015
アナログ再生部門1位
 
主な特長
1. 磁気回路の新規設計

PP-1000 の磁気回路を見直し、磁性材のパーメンジュールは継承しつつ、ヨーク形状を新規設計しました。
これにより更なる高能率、磁場の均一性に優れた形状を実現させる事に成功いたしました。
振動系の重量を重くする事無く出力の増加を実現しています。

2. 振動系の新規設計

音質のベストバランスを目指し振動系を新規設計しました。
ダンピング材を選別品とし、ダンピング特性も新規設計し微弱な音の再現性を一層向上させ、空気感まで
も再現いたします。

3. 高音質素材の継承

従来から定評のある無垢ボロン材を採用したカンチレバー、6N 無酸素銅線による発電コイル、純鉄コイルボビン、ワイヤダンパー等、PP-1000 をはじめ他モデルで実証された高音質素材を継承しております。
ボディーには定評のあるDLC(Diamond Like Carbon)処理※を継続採用。
剛性、振動減衰特性に優れ濁りの無い音質を実現しています。

※:DLC(Diamond Like Carbon)はイオンを利用した気相合成法により合成されるダイヤモンドに類似した高硬度・電気絶縁性などを持つカーボン薄膜の総称です。

製品仕様

発電方式 ムービングコイル式
インピーダンス
適正針圧 1.7~2.0g
出力電圧 0.3mV以上(1kHz 50mm/s水平方向)
コンプライアンス 8.0X10(e-6)cm/dyne
再生周波数範囲 10Hz~30kHz
セパレーション 30dB 以上(1kHz)
チャンネルバランス 1dB以内(1kHz)
本体重量 14.3g
スタイラスチップ ダイアモンド(ラインコンタクト/曲率0.03X0.003mm)